八王子madam

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶏に初挑戦!!!!!

<<   作成日時 : 2011/09/01 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

香港では、生きた鶏がゲージに入れられて売っている。

香港に来た当初はあれに挑戦することはないだろう〜って思ってたけど。挑戦してみた。もちろん、お店で血抜きと羽根をむしって、内臓を取るところまでやってくれるので素人でも大丈夫。

香港には嘉美鶏(嘉美雞・ガーメーガイ)というブランド鶏がある。香港大学と香港の鶏農場が共同で開発したもので、抗生物質を一切与えずに育てられるものらしい。今日は小ぶりなものを1羽買って85HKD。TASTE(近所のスーパー)で一度冷凍した大きな中国鶏が1羽30HKD前後で入手できることを考えれば高い。でも、85HKDなら、安全(と信じる!!)な鶏で。

買ったのはこの鶏。結構大きく見えたけど、羽根をむしったらすごく小さくなった。
画像
鶏を選んでから、5分も待たなかった気がする。あっという間に血を抜かれて(血抜きの最中は鶏は生きてた・・・。)、羽根をむしられて、内臓をとられた鶏になって出てきた。

とりあえず、ガラと身を分ける準備。
画像
ただ・・・生暖かい。家で洗ってるときもなんだか暖かくて、不思議というか、変な感じだった。日本では冷蔵の生肉しか買ったことないし。生きてる海鮮は冷たいし。暖かい生肉・・・初体験。

普通の包丁だけでばらせるみたいだけど、私は、蟹用のはさみも併用。皮とか筋とか包丁だと切りにくいけど、はさみだと簡単〜♪蟹の甲羅を切るはさみだから、丈夫だし。

がんばった〜。
画像
鶏のさばき方を紹介してるサイトが結構あるので、それを見ながら。1時間くらいかな。胸肉とかささみとかはちょっとぼろぼろになっちゃった(汗)。お肉は明日の鶏鍋の具に。ガラはもちろんダシをとる!!ちょっと少ないけれど。

内臓たちも。お店で取り出してくれるんだけど、くっついてるので、自分で分離。
画像
小腸は美味しいらしいけど、どうしたらいいのかわからなかったので(下処理は大変らしい)、申し訳ないけれど、廃棄。砂肝とハツは血抜き。

鶏をばらしたときにうまく出来なくて小さくなっちゃったかけらと内蔵の塩焼き。
画像
右からレバー、せせり(鶏の首肉。うまくお肉が取れないから、骨ごと焼いてみた。)、砂肝、ハツ(上)、脾臓(たぶん)、鶏肉のかけら。

もともとレバーは好きなんだけど、このレバーは美味しかった。ちょっと怖いから、どれも焼きすぎ?ってくらい焼いたんだけど、固くなく臭くなく。砂肝もハツも、焼き鳥屋さんで食べるのと食感がぜんぜん違う。新しいと美味しいのかなぁ。お肉も結構長く焼いたんだけど、やわらかかった。脾臓は初めて食べたから、よくわからないけど。旦那様があんまり内臓好きじゃないし、新しいほうがいいかと思って今日焼いちゃったけど、今度は旦那様がいるときに買ってきて焼き鳥ディナーも面白いかも知れない。

明日のなべ用の鶏がらスープ作成中。鶏頭と足を入れると美味しくなるんだって〜。
画像
やっぱり、ちょっとガラが少ない感じだけど、いいダシでてきたよ〜。

参考にさせていただいたのは、信州上田の鶏鴨料理専門店“かぶらや”様のサイトと、鶏肉専門店の“特選田舎鶏”様のサイトです。どちらも丁寧でわかりやすかったです♪ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鶏に初挑戦!!!!! 八王子madam/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる